とにかく日に当たらないようにする!

とにかく日に当たらないようにする!

気温が上がってる来ると体調を崩してしまいがちになる体質なので、夏の季節は憂うつです。冬なら着る物の工夫で何とかなりますが、夏の暑さはどうにもできないため苦しんでいました。熱中症で嘔吐した経験もありますし、紫外線にアレルギーがありじんましんが出てしまうため、暑さ対策と紫外線対策は欠かせないものとなっています。
夏対策19

水分補給や日傘の使用など一般的な対策だけでは対応できなくなってきたため、生活自体を大きくかえました。日中にできるだけ外に出ないようにし、日光に当たらないようにしています。

 

洗濯物を干すときも、まず家の中でハンガーなどにかけておき、外にはただ出すだけにしておきます。外で長時間干す作業をしなくてよいので影響も少なくて済みます。

 

また、買い物なども日中ではなく、夜など時間帯を変えて行くようにしています。

 

これには涼しく日差しを浴びなくてよいというほかにもう一つうれしいポイントもあります。閉店間際には食料品なども値下げされることがあり、家計にもやさしくなります。

 

鉄道を利用するときも対策が必要です。出口がたくさんあるような駅では、どの出口から出れば外をあまり歩かずに済むかという事を考えて外出の予定を確認していきます。

 

地下通路や建物の中を通っていけるのであればそちらを利用することも考えて、前もってルートを決めます。そうすることで体への影響を最小限にして行動することができます。

夏対策20
非常に暑い日が多くなっていますから、私のように体が弱くない方でもこうしたことを考えたルートを決めておくことは役に立つのではないでしょうか。

 

確かに暑さや日差しを避けようとすると生活の仕方や時間に制限が生まれます。しかし、こうしたことの組み合わせで体へのダメージを減らすことができるのであれば、できる範囲で取り入れていくことが良いのではないでしょうか。